スタッフブログ

 
フォーム
 
不易流行
2014-03-07
先日にローリング・ストーンズのライブを観にいってきました!!
老若男女...それに三世代の家族も見かけましたよ~
デビューから50年、今もなおロックシーンの頂点に君臨するストーンズだからのファン層だよね!!
ミックやキース、それにチャーリーと古希を過ぎてもエネルギッシュなステージを見せくれまして、
まさにバンド名のとおり、「Rolling Stones 転がり続ける石たち」です!!

ところで、ローリング・ストーンズのバンド名はブルースシンガーのマディ・ウォーターズの楽曲
「Rollin' Stone」から付けたことは有名な話なのですが...
この「Rolling Stone」にちなんだ、こんな諺(ことわざ)をご存知でしょうか?
"A rolling stone gathers no moss.  転がる石にはコケがつかない"
(たしかローリング・ストーンズも 同名タイトルのアルバムレコードがあったような...)
 
「いつまでも新鮮ですよ」「常に変化し続けることに価値がある」との意味で使うらしく、
どちらかと言えばプラスイメージ的な諺(ことわざ)ですよね...
日本で言う、「流れる水は腐らず」のような意味合いですかね!?
しかし、これはアメリカでの使い方でありまして、
イギリスでは「(仕事などを)落ち着きなくコロコロ変えているようでは、何も身に付きませんよ」
という意味で使われるようで、日本で言うところの「石の上にも三年」だろうか!?
伝統を重んじるイギリスらしいですよね!!
 
この二つの意味の諺(ことわざ)を踏まえて、ローリング・ストーンズを思えば、
まさにストーンズは「不易流行」です!!
 
この「不易流行」はビジネスでも よく使われますよね..
「ビジネスとは環境適応業である。」と有名な言葉があります。
日々移り行く環境に対して変化して適応していくことこそ、ビジネスの本質であるということ。
しかし、すべてを変化させていけば良いかと言えば そういうものではありません、
そこには中心となる変わらないもの「不易」があってこそ初めて成り立つ...
 
 
些か強引に結び付けてしまった感が否めないが、
ローリング・ストーンズから「不易流行」を感じた次第です...(笑)
ストーンズの名曲「(I Can't Get No) Satisfaction」で興奮のステージは幕を閉じたけど、
「I Can't Get No  Satisfaction」と歌い続ける彼等は なおも進化し続けるんだろうね!!
 
そんなわけで、今回のブログは「不易流行」...松尾芭蕉「奥の細道」ではなく、
世界最強のバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のライブを観にいってきた感想でした!!
 
大雪
2014-02-20
先週末の歴史的な大雪...
それにしても15日の朝は呆然としましたよね
雪かきをやろうにも この積雪量に戦意喪失だったのが正直な気持ちだったろうか!?
 
それでも、やらなければ!!
 
私の住む町内は少しばかり ご高齢の方が多いもので、
自宅前だけではなく、向う三軒両隣のさらに向うまでの雪かきをお手伝い...
我が家の息子達もフル回転で町内の雪かき作業です!!
もちろん、ご近所の皆さん方も体調も厳しいのにスコップ片手に出てこられまして、
一致団結です!!
 

『自助 共助』
あらためて感じた雪かき作業でした。
そして、
近所の皆さんの感謝の声に筋肉痛も心地良かったかな!?
 
それに、それだけじゃなくて...
雪で動けなくなった自動車を後続のドライバーや通行人が押してあげてる光景も目にしたりして、
ほんわか、心が暖かくなる気分にもなりました!!

ほとんどの人が未経験な今回の大雪...
まだまだ大変な状況だけれども、お互いに協力し合うことで人とのつながりの大切さを再認識!!
「大変な時こそ 思いやりの気持ちを持つことを忘れないようにしないと!!」と思うのでもあります。
 
STAP細胞
2014-02-06
STAP細胞
生物学の定説を覆すとかで、先日来の大注目ニュースでしたよね!!
理系が大の苦手な私ですが、よく分からないながらもSTAP細胞発見に拍手です...(笑)

開発に成功した割烹着の「リケジョ」小保方晴子さん...
「素晴らしい」の一言では申し訳ないのですが、ほんと!!  すごいことをやったんですね~
あらためて拍手!!
 
彼女の会見をテレビで見て、STAP細胞もさることながら
なによりも彼女のモチベーションに驚かされました~

「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」
昨年春、権威ある英科学誌ネイチャーに投稿した際に酷評され掲載を却下されたのに...
 
今日の非常識が明日の常識と言いますが、
彼女は「STAP細胞は必ず人の役に立つ」との信念を貫き、研究を続け...
それに、「何度も止めようと思ったけど、あと1日だけ頑張ろう」と
仲間に助けられ、今日に至ったとも仰られていましたよね
 

人は成功したり、報酬をもらえればモチベーションがあがり、
逆に失敗したり、罰を受ければモチベーションは下がるだろうか...
そして、
難しいことにチャレンジするほど失敗は多くなり、失敗を恐れてモチベーションは下がるかな?
余程の例外がない限りは この通りですよね!!

彼女は失敗や罰を次へのチャレンジに変えて、活力のバネにしたんだろうね!?
それに「あと1日だけ頑張ろう」と、遠い先ではなく目の前のゴールを決めて...
 
マラソンランナーも、もう走れないと思うとき、ゴールまで頑張ろうではなく、
とりあえず、あの先のカーブまで頑張ろうなどと、目の前の目標を持つらしい?
そこまで走れば、また次の目標が見えてくるとか...
そんな積み重ねが大きな目標、ゴールにつながるのかな!!
 
モチベーションの持ち方、保ち方...
このニュースから学ぶべきことがたくさんありました!!

私も頑張ってみるか!!  と思うのだけど、何を頑張るのか...(汗)
 
ペップ・トーク
2014-01-23
ソチ冬季オリンピックの開幕が間近に迫ってきました。
日本選手団の頑張りに期待ですよね!!
それとともに世界のトップアスリート達のパフォーマンスも楽しみです。

そんなスポーツの世界で コーチや指導者が選手に対して、
試合前とかに よく使うコミュニケーショントーク『ペップ・トーク』をご存知ですか?
「ペップ(Pep)」とは「元気」って意味
人を励ます言葉、元気づける言葉で、マイナスな事は言わずに、
選手達に楽しく気持ち良くさせ、やる気を起させる声掛け。
ペップトークの鉄則は「1分以内でシンプルであること」だとか...

例えば
バレーボール「サーブミスするなよ!」
野球「ピッチャー球走ってるから低めに手を出すな!」
などよく使われている表現ですが、
ペップトーク的には
バレーボール「サーブ決めていこう!」
野球「高めを狙っていけよ!」
となります。
 
「ミスするな」と言われると頭の中ではミスをしている自分を ついイメージしてしまいます。
ネガティブなイメージはネガティブな結果を、
ポジティブなイメージはポジティブな結果を引き寄せます。
ペップトークで選手のスイッチをONにして自信、勇気を持たせて試合に送り出す。
 
言葉ひとつでモチベーションの持ち方が変りますよね!!
『ペップ・トーク』はビジネスにおいても、
自分自身を鼓舞させるためだったり、
チームメイトに本来のチカラを発揮してもらうために活用しなければ...!!
しかしながら現実は ついつい余計なこと言ってしまいますが...(汗)
 
余談だけど、
「ペプシコーラ(Pepsi-Cola)」の語源は「ペプシン」なる消化酵素?かららしいけど。
都市伝説によれば「ペプシ」は「ペップ(元気-Pep)」からとったとも...
「元気になるサイダー」
これをペップサイダーと呼び、語呂のいいところで引きちぎったのが「PEPSI」だとか!?
 
ペプシコーラを飲みながらソチ・オリンピックのTV観戦も良いかもね...(笑)
 
ルーズヴェルト・ゲーム
2014-01-09
直木賞作家、それに「半沢直樹」でも有名な池井戸潤氏の『ルーズヴェルト・ゲーム』を読了。

直木賞受賞作の「下町ロケット」と同じようなテイストだったけど...
やっぱり清々しい気分になれました~
 
タイトルの『ルーズヴェルト・ゲーム』とは
ベースボールを愛したフランクリン・ルーズヴェルト大統領が「一番面白い試合は8対7だ!!」
と言ったことが「ルーズヴェルト・ゲーム=奇跡の逆転劇」なんだって!!

どんなに負けていても逆転のチャンスはある、追いつかれたとしても再逆転はある、
「最後まであきらめるな」というメッセージかな!?
 
 
本を読んで...思い出したことが...!!
それは 野球じゃなくてサッカーのエピソードなんだけどね
 
かつてJリーグに加盟していた横浜フリューゲルス
98年に経営難から突然に横浜マリノスと合併を発表してチームは事実上の消滅へ
そんな状況での天皇杯ノックアウトトーナメント...負ければ、その時点でチーム消滅...
ジュビロ、アントラーズと当時2強と言われたチームを撃破して見事に天皇杯優勝!!
 
合併発表後のフリューゲルスは無敗だった...
「強いフリューゲルスを見せよう」の一言にチームが一丸となったとか!!
当時、私は天皇杯決勝を観戦して、メチャメチャ感動しました。
 
 
再建を目指して奮闘する会社と野球部がシンクロするストーリーの『ルーズヴェルト・ゲーム』
「あきらめない気持ち」は同じなんだろうね!!
 
『学ばなきゃ!!』
 
あいさつと整理整頓
2013-12-16
サッカー元代表選手、そして代表監督、それに日本サッカー協会の元会長でもあった長沼健氏
惜しくも2008年6月2日に他界してしまいましたが...
日本サッカー界に多大な功績を残したことはご承知のことと思います。

そんな長沼氏が子ども達に指導する際に、いつも言っていたことが
「サッカーが上手になるためには大事なことが2つある。
               それは『あいさつ』と『整理整頓』」
だそうです...
サッカースキルではない、この話を子ども達は不思議そうに聞いていたらしい!?

あいさつは「人」との付き合いです。
整理整頓は「物」との付き合いです。

あいさつができるというのは、人の管理ができること、
整理整頓ができるというのは、物の管理ができること。
人に素直に教えを乞い、身の回りの事柄を一つ一つきちんとこなしていくことによって、
初めて力がつくものだという意味合いなんだよね!!

そして、子ども達から
「あいさつや整理整頓ができなくても、サッカーが上手になる人はいますか」と質問されて、
長沼氏は「いません。絶対にいません。何千人という選手を育ててきましたが、
     サッカーが上手になる人は、必ずあいさつや整理整頓がきちんとできる人です。」
と即座に答えたそうです。
 
サッカーでなくとも、「あいさつと整理整頓」は人間力の当たり前のことだろうか!?

もっと紐解けば
あいさつとは、相手の心を察して動くこと。だから先読みと、気配りができる。
整理整頓とは、今必要な物を見分けること。決断力が養われる。
あいさつ上手は、愛され上手。ゆえに、人から応援される。
整理整頓上手は、生き方上手。ゆえに、今すべきことが分かる。

あいさつは「人」、整理整頓は「物」
あいさつと整理整頓は「人物」を形成する!!
如何でしょうか...
 
アンリトン・ルール
2013-11-22
アンリトン・ルール
直訳すれば「書かれざる規則」
メジャーリーグの不文律、暗黙の了解でしょうか!?
 
◇5点以上で勝っているときは相手投手のボールカウント0-3からの球をスイングしてはならない。
◇ホームランを打った瞬間、ホームプレートに立ち止まって打球の行方を目で追ってはいけない。
◇どんなにリードしていても四球後にホームプレート上にバットを置いたまま一塁に向かわない。
◇盗塁王候補でも、6回以降、5点以上差をつけている場合は盗塁をしてはならない。
◇相手打者から三振を取ったあと派手にガッツポーズをしてはならない。
などなど...
他にも まだまだあるみたいですが...
 
楽天イーグルスの田中投手がメジャーへの挑戦が取り沙汰され、
彼のガッツポーズやら雄叫びが、アンリトン・ルールで心配されてるらしいけど、
私は これくらいなら全然良いと思っていますけど...やっぱり文化の違いなのかな?

それよりも、阪神タイガースが今季おこなっていた、歓喜のポーズなる「グラティ」
私の贔屓チームなんですけど、こちらの方こそ よろしくないと感じますし、
なによりも対戦相手に失礼だと思うのであります!!
 
ともあれ、アンリトン・ルール
日本流で言えば「武士の情け、惻隠の情をもって振舞え」ってとこだろうか!?

社会には、意思確認的なルールから、拘束力のある法律までありますが、
拘束力のあるもの以外は人々の常識に委ねられているものが多いですよね...
「非常識は常識の始まりだ」なんて言葉もありますが!?
社会のルールは硬柔混在して成り立っていると思いますし、
この「アンリトン・ルール」は良いにつけ悪いにつけ
関係性のギクシャクを未然に防ぐ一つの柔軟剤なのかもね!!

そして、なによりも「思いやる気持ち」ですよね!!
 
でも、空気の読めない人って何処にでも居ますよね~
 
陽はまた昇る
2013-11-11
先日に2002年封切の映画、「陽はまた昇る」をレンタルして観ました。
時代設定は高度経済成長の真っ只中で、家庭用VTR機器の登場が待ち望まれていた頃、
業界では弱小メーカーの日本ビクターがVHSなるビデオシステムを誕生させるまでのストーリー
VHSが発売されるまでの とてつもない苦労...
ソニーが先行発売したベータマックスが浸透していく中、どうやってVHSが標準規格となったのか?
10数年前にNHKのプロジェクトXでも、
「窓際族が世界規格を作った」のタイトルで取り上げられて話題にもなりましたよね!!
 
 
「仕事がどんな窮地に陥っても、諦めなければ道は開ける」と勇気をもらえる内容は琴線に触れ、
それに「自分達の職場は自分達が守る」の映画の中のセリフに
「自分は どんな気持ちで仕事をしているのか?」などと自問してしまいました。

この映画のテーマは「夢中」ではないかとも感じます。
VHSを開発するために、
覇気が感じられなかった不採算部門の工場に勤務する従業員たちが段々と夢中になっていきます。
無茶ぶりを命じられる工場次長、技術者なのに営業を命じられる従業員、本部で働くお偉い人達...
最初は反発していた人たちも最後には皆一丸となってVHSを世の中に出すために夢中になっていく!!

夢や情熱を持って仕事に臨んでるんだろうか...??
これまた自問自答です。

そして、前回のブログでも書いた「組織」について描かれていますよね~
会社は、一人や少人数ではできない大きなことを成し遂げることができます。
この映画は、組織は さまざまな人が、いろいろな役割を担い、
個人ではやりきれない大きな仕事を成し遂げることができることを改めて認識させてくれました。

「夢と志」「リーダーシップ」「働きがい」「組織で働くということ」
「プロジェクト推進」「リーダーを支えるNo.2」
今でも十分に参考になる映画と思いました!!
まだ観られていらっしゃらない方々にオススメです...
 
オーケストラ or ジャズ
2013-10-22
昨秋、惜しまれつつ引退した人気ジャズピアニスト大西順子さんが今年9月6日に一夜限りの復活
小澤征爾氏が指揮するサイトウ・キネン・オーケストラとの共演のニュース記事がありました。
雑誌「考える人」の記事からの引用ですが、
『オーケストラはピアニストを理解し、
 聴衆はオーケストラとソリストが共同で成し遂げていることを理解していた。
 そしてこのような共感関係をその場に出現させたのは、
 言うまでもなく小澤征爾という特別な、並外れた存在だった。』

コンサートを鑑賞した方々は きっと至福の時だったに違いないですよね...
羨ましい限りです!!
そんなニュース記事を見て、思ったことが...

ビジネスにおいて
組織には“オーケストラ型”と“ジャズコンボ型”の2つがあるとよく言われます。
オーケストラ型は、ひとりの指揮者(リーダー)を頂点に置いたピラミッド型、
ジャズコンボ型は、自律したプレイヤーのコラボレーションを志向したフラット型組織...。
簡単に言えば「1対N」か「N対N」の組織形態でしょうか!!
 
最近はチーム内の複数メンバーの創意工夫が活用でき、1+1が3になるようなイノベーション、
情報共有のしやすさ、チーム力で新たなる価値創造が期待できる環境として、
フラット型組織をベースとしたジャズコンボ型が注目されています!!
組織管理の効率性からは非常に良くできていたオーケストラ型なんだけどね...
 
私もジャズコンボ型の組織の方が、これからの体系なのかなと思っていたのですが...
この小澤征爾氏と大西順子さんのコラボレーションから「指揮者の存在価値」を感じまして、
オーケストラ型もジャズコンボ型も超越した、
このコラボレーションこそ、今最も求められる組織とリーダーの理想ではないかと思いました。

「オーケストラもジャズコンボもアンサンブル」
 
オーケストラが重視するのは『調和』
他の奏者の音に「どう寄り添うか」を各自が意識し、
その結果「どれだけ美しく感動的なアンサンブルが作れるか」が問われます。
それに対してジャズコンボでは、他の奏者に「どう刺激を与えるか」を各自が意識し、
その結果「どれだけ当初は考えてもいなかったアンサンブルが作れるか」が問われます。
オーケストラ以上に『触発』が重視されるますよね。
 
オーケストラ型、ジャズコンボ型のそれぞれの長所を活かし...
そして、なによりもリーダーシップ!!
こんな組織、チームを目指したいですよね!!

秋の夜長にクラシックを聴きながら...それともジャズを聴いて...
コンダクター気取りも良いかもね!!
 
最後のロッカールーム
2013-10-08
今週末から高校サッカー選手権の県予選が始まります。
憧れの舞台でもある「国立」を目指す熱き戦いです!!
 
サッカー観戦はJリーグだけではありませんよ~
高校サッカーも かなり面白いです!!
私の勝手な思い込みですが、
高校生の懸命なプレーがプロの「魅せるサッカー」を凌駕してると感じますし、
それに何よりも近いですよね!!
Jクラブも「おらが町」のクラブとして身近に感じるけど、それ以上に近いと思います!!

そんな高校サッカーの集大成ともいえるのが、選手権大会でしょうか...
そして選手権といえば「最後のロッカールーム」が有名ですよね!!
敗退して泣き崩れる選手達に監督が労い、励まし、感謝のメッセージに涙腺崩壊です!!

ところが、何年か前の大会で異質なメッセージを言った監督がいたんだよね...
 
『ちょっとしたマークの確認、そういう勝負の中で、隙がお前らの中にあったんだろうな。
いいか、3年の連中に言うけども、甘い! まだまだ精神的に甘いぞ、お前ら。 
2-0のビハインドで もっと飛び込んで、1点でも返してくるような選手たちかなと思ってたけど。 
後輩に、しんどい時に踏ん張れる姿を見せてくれなかった、お前ら。
もっと選手自身が強くならないと。 いざとなった時に、そういった力が発揮できない。
サッカーだけじゃなくて。よく肝に銘じて、厳しい言葉だけど、お前らの置き土産じゃねえけどな、
よく3年生たち覚えておいてくれ。』
 
こう言ったのは強豪名門校の監督です。
とても高校サッカー引退の最後の試合後に選手達へ掛ける言葉じゃないと思ってしまいますよね
強豪校ならでは なのかなと思いきや...
監督は選手達の実力を十分に把握しているからこそ、
それを出し切れないで負けた試合では叱咤激励する
実力を出し切った試合であれば、敗れても選手達を誉める
それが普通なことであって、たとえ部活引退の最後の試合であろうと同じなんだとか...

『どんな時でも決して諦めない。
 苦しい時こそ頑張る。』
この言葉が、この高校サッカー部に受け継がれている「魂」だそうだ!!

「最後のロッカールーム」は全国大会の話なんだけど、
県予選でも、大なり小なり こんなエピソードがあろうかと思います。
そんなことも思いながらの高校サッカー観戦...
高校サッカーはサッカーを通してサッカー以外のことを感じることができるかと思います
それはビジネスにも通じることかとも...
是非とも試合会場に足を運んで観戦してほしいかな!!
株式会社マルモ
〒409-3845
山梨県中央市山之神流通団地
2-3-5
TEL:055-273-5500
FAX:055-273-5563

 
qrcode.png
http://marumo-c.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<株式会社マルモ>> 〒409-3845 山梨県中央市山之神流通団地2-3-5 TEL:055-273-5500 FAX:055-273-5563