本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

伝える力

2013-09-11
2020年オリンピックの開催が東京に決まりました!!
喜ばしいニュースに胸が躍ります...
前回の招致失敗を糧に地道な活動が実を結んだと思いますが、
なんと言っても先日の最終プレゼンテーションが素晴らしかったですよね!!

周到に練られた...
戦略的に訴えるべきポイントを押さえていた45分のプレゼンテーション!!

昔からプレゼン下手と言われる日本人
ところがところが...
 
パラリン陸上の佐藤選手やフェンシング太田選手らの感動、笑顔、情熱のプレゼン!!
そして、なによりもプレゼンのイントロデュースともいうべきか、高円宮妃久子さま...
清楚でエレガンスな、まさに「気品」のスピーチは誰もが納得したかと思います!!
それに滝川クリステルさんが流暢なフランス語で「おもてなし」を説明...
IOCの公用語はフランス語と英語、それでもフランス語の方が尊重されているとか...
だからフランス語だったのかな!?
 
プレゼンターひとりひとりも素晴らしかったけど、
適材適所で その人に合う内容を、その人に合うスタイルでプレゼンをおこなっており、
役割分担が明確になっていて、まさにチームプレーのプレゼンテーションでしたよね!!
 
 
「伝える力」
ビジネスシーンにおいてプレゼンテーション術は重要ですよね

伝える側と伝えられる側
人間同士のコミュニケーションですよね
まずは自分自身でしっかりとコミュニケーションをとって、本当に伝えたいことを分からなきゃね!!
そして、何故に伝えなきゃいけないのかを掘り下げていかないと自分の言葉にはなりませんよね
今回の東京オリンピック招致の最終プレゼンに学ぶべきことはたくさんありましたよね!!

ともかく、「Congratulations!  Tokyo for 2020 Olympics!」

優柔決断

2013-08-28
熱戦が続いた甲子園...
前橋育英高校が初出場初優勝にて幕を閉じましたね!!
高校サッカーでは強豪校なタイガー軍団だけど、高校野球では初出場だったんですね
意外だったので、ちょっとビックリでしたけど、その堅守な野球は素晴らしかったです!!
全国制覇!!  おめでとうございます!!
 
そんなんで、今回は野球に関する話を...
以前は「マネーボール」なる映画の話でしたが、今回は本の話です。
古田敦也著『優柔決断のすすめ』なる4年前くらいに出版された本なのですが...
皆様は御存知でしょうか??
著書は言わずと知れた元ヤクルトスワローズの名捕手、そして監督でしたよね!!
 
「優柔決断」
柔軟に、幅広く情報を取り入れ、その後は思い切って決断をする
そんな意味の造語だそうです。

『今の若い世代が僕達と決定的に違うのは、情報の量です。
もう「過多」と言っていいほど、彼らの持つ情報量は凄まじい
プロに入って初めて教えられるような情報を、プロ入り前の高校生がこと細かく知っている。』
この本のプロローグに書かれております。
本書では、こうした「情報が多い状況」が悪いと言っているわけではなくて、
経験する大切さを知らない傾向があると言っているのかなと思います。
 
経験する前から頭の中で結論ができあがっていて、それが固定観念となっている。
だから「どうせ無理」「やっても意味がない」など、挑戦したがらないことが多いんじゃないか?
そうではなくて、
情報に触れ、いろいろ選択肢を模索するけれど、失敗してもいいから決断してやってみる。
それが「優柔決断」だとか...
ビジネスにおいても、マーケティングに頼りすぎて、結局特徴の無い製品を作ってしまう...
データに頼りすぎて、試行錯誤してみないとか...そういう情報化の弊害はあると感じます。
                             
失敗を100パーセント防ぐ方法はありません。
しかし、失敗を恐れていては、一歩抜きん出ることはできないわけです...。
そういう意味で「優柔決断」的な行動パターンは、ビジネスの世界でも有効ではないでしょうか。

野球が分からなくとも、面白く読めますし、ビジネスにも役に立ちますよ...
是非に一読してくださいませ!!
 
それにしても、高校野球が終わると夏も終わりかなと思うのは私だけでしょうか?
少しばかり寂しい気もしますよね...!?

ラジオ体操

2013-08-08
私事ですが、今日は早起きをしてラジオ体操へ行ってきました!!
町内会で役員をやっているものだから、持ち回りで体操当番なのです。
 
久し振りのラジオ体操
しかも子供達を前にインストラクター役...
ちょこっと面倒だったけど、
ラジオから流れる掛け声と音楽に合わせて体を動かせば、
なかなか気持ちが良いものですね!!
 
 
ラジオ体操といえば『大人のラジオ体操』なる本が人気みたいです!?
ラジオ体操は大変よく考えられたエクササイズとかで、
全身の筋肉や関節をよく刺激するので代謝がアップしダイエット効果も高く、
さらに長い期間続けると、肩こり・腰痛・冷え性などにも効果があるとか...

毎朝のラジオ体操を頑張ってみるのも良いかもね!!

クィーンビーズ

2013-07-31
地元・山梨をホームタウンとして活動しているスポーツクラブとして、
サッカー・ヴァンフォーレ甲府のほかに忘れちゃいけないのが、
女子バスケットボールの『山梨クィーンビーズ バスケットボールクラブ』
日本の女子実業団のトップクラスのチームで構成するWリーグに参戦してますよね!!
先期シーズンは厳しい戦績だったけど、それでも金原選手がフリースロー賞獲得...
そして今期はJALラビッツ(現在の新潟アルビレックスBBラビッツの前身チーム)を
再建させた林永甫(イム・ヨンボ)氏がヘッド・コーチに就任
 
山梨クィーンビーズ...期待ですよね!!
 
バスケットと言えば、漫画そしてアニメにまでなった「スラムダンク」
今でもバスケファンのバイブルとなっているのかな!?
安西先生の「諦めたら そこで試合終了ですよ」は名言ですよね!!
ビジネス、そして人生にも通じる格言だと思うのは私だけだろうか!?

そしてバスケットを題材にした映画「コーチ・カーター」
実話を題材にした映画で、バスケットを通して人間形成をなすストーリーなのですが、
これまた学ぶべきことがたくさんあります。
とりわけモチベーションの持たせ方...
グループをまとめるリーダー職の皆様に是非に観て頂きたい映画です!!
コーチに扮する、名優サミュエル・L・ジャクソンは素晴らしいです。
上司にしたくない俳優、第1位に輝きそうなくらいに、はまり役だと思いました...(笑)

今日は山梨クィーンビーズのバナーをホームページに貼ったので、バスケットの話題でした。
ヴァンフォーレ甲府とともに山梨クィーンビーズの活躍で山梨が元気になれば良いよね!!

半沢直樹

2013-07-23
「ブルー マンデー」なる言葉を吹き飛ばしてくれるようなドラマが始まりましたよね!?
TBSテレビの日曜劇場『半沢直樹』
 
原作は直木賞作家の池井戸潤著「オレバブ」シリーズ!!
「やられたら倍返し」を決め台詞に、
無責任な上司や理不尽な会社相手に奮闘するバンカー半沢直樹を描いてるストーリー
 
その演出は爽快、痛快で心地良いですよね...
おなじ池井戸潤氏の企業を舞台としたドラマ『七つの会議』もNHKで放映してるけど、
『半沢直樹』の方が好きかな...!?
 

自己中心的な考えしか持たない組織の中で、
まっすぐに愚直に戦い抜く不器用な一人の人間『半沢直樹』
私達に正しいことは正しい、
間違っていることは間違っていると訴えかけてくれるようなドラマだと感じます。
組織形態や仕事の使命は違えど共感を覚えるのは私だけでしょうか...!?
 
いやいや、誰もが少しは納得できる部分もあるよね!!
だからこそ視聴率にも表れているんですよね...!?
 

映画を観終わって、主人公になりきって映画館を出てしまう
そんな経験は誰にでもありますよね
日曜日の夜に『半沢直樹』を観て、そのままのテンションで翌日に出勤!?
ブルーマンデー、サザエさん症候群も吹き飛ばして、仕事も頑張れる!!
如何でしょうか??
 
そんな訳ないかな...(笑)
TOPへ戻る